カテゴリー別アーカイブ: 映画感想

スター・ウォーズ フォースの覚醒

 世界一コアなファンを持つ映画シリーズ、と言ってもこればかりは差し支えないだろう。「スター・ウォーズ」の最新作。
 世界中のファンが待望しながらもこれまで(映画として)描かれなかった、旧三部作のさらに未来のストーリーが、ついに映像化された。
 シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスの手を離れ、ディズニー配給となった本作。しかし大方の予想を超え、見事な成功をおさめた。その勢いは、つい先日世界記録を更新したばかりの「ジュラシック・ワールド」をやすやすと追い抜いてしまうほど。
 売上だけではない。内容もまた、今までに培われてきた世界をさらに更新し、新たな物語を始めるのにふさわしい完成度だ。
続きを読む

ガールズ&パンツァー 劇場版

筆者はかわいい女の子が活躍する話が好きだ。

大きな機械が動いている映像を見るとわくわくする。

そしてもちろん、こんなブログをやっているぐらいだから、映画が大好きだ。

というわけで、かわいい女の子が戦車にのって大活躍する映画が公開されたら、観ないわけにはいかない。

先に結論を言ってしまえば、本作はまさにその「女の子と戦車」のために純化された、見事な世界観の娯楽大作である。

「ガルパンはいいぞ」の合言葉とともに何度も何度も映画館に足を運ぶリピーターを生み出すカルト映画と化している。

続きを読む

ヴィジット

芸術の役割とは、いかなるものか。

感情を揺り動かすのが芸術だと考えることもできるし、新しい価値観を提示するのが優れた作品であるという考えもあるだろう。

いずれにしろ、恐怖や不安、焦燥や絶望など、普通に生きていてはそうそう味わうことができない強烈な感情を呼び起こすスリラーは間違いなく芸術作品だ。

本作は「シックス・センス」などで知られるシャマラン監督が、原点回帰をうたって低予算の自主製作を行った作品。

観客をどのように怖がらせるか、映画製作者が何十年も繰り返してきた挑戦の最新成果ともいえる、純度の高いスリルを味わうことができる。

続きを読む

ジョン・ウィック

「96時間」シリーズのヒットを受けてか、近年この手の復讐ものの映画が製作されるようになってきた。筆者としてはうれしい限りだが、本作はその中でも決定版ともいえる秀逸なデキだ。

キアヌ・リーブスの内面やイメージを反映させた、はまり役と言ってもいいキャラクター。キレのいいスピーディなアクション。想像が広がる魅力的な世界観と、100分の上映時間においしい要素が詰まっている。

繰り返し何度も見て作品の描いている世界に浸りたくなる快作だ。

続きを読む

アントマン

「アントマン」は現代映画界の台風の目、アメコミヒーローものの中でも最大の勢力に発達したマーベル・シネマティック・ユニバース、フェイズ2の最後を飾る一作だ。

さまざまな事情から製作が遅れ、本来は「アベンジャーズ2」の前に公開される予定がずれこみ、シナリオが直された。

結果から言えば、この改編は大成功に結び付いた。壮大な出来事を描く「アベンジャーズ2」の一方で、非常にミニマムな話として描かれる本作の出来事は、アントマンというヒーローの個性と結びつき、他で観たことのないヒーロー映画の傑作となっている。

続きを読む