月別アーカイブ: 2014年9月

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

マーベル原作のヒーロー・チーム、アベンジャーズは日本でも大人気。アイアンマンを中心に、低迷していると言われる洋画の中で飛び抜けた人気シリーズになっている。
そんなマーベルスタジオが送る最新作は、これまたチームもの。しかし、単なるヒーロー・チームではない。キャラクターたちはみんな社会のはみ出しモノ、アウトローたちなのだ。

続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編

週刊少年ジャンプの超人気作を、日本映画としては異例の予算を使って贅沢に実写化した一大娯楽活劇、「るろうに剣心」。しかも、京都大火編からの二連続公開ということで、桁違いのスケールが堪能できる。

続きを読む

LUCY ルーシー

人間の脳はまだ、すべての機能を発揮しているわけではない……というのは、フィクションの世界ではたびたびネタにされるモチーフだ。
たいていは予知能力などの超能力の理屈づけに使われる、かなりアニメ的なテーマではあるが、本作はそれを大真面目に実写で撮影する。しかも、メガホンを撮るのは『レオン』『フィフス・エレメント』などでおなじみのリュック・ベッソンだ。
本作も、監督の持ち味であるエッジの効いたヒロイン像と、バイオレンス溢れるアクションを見ることができる。

続きを読む

アイ・フランケンシュタイン

「フランケンシュタインの怪物」といえば、西洋ホラーでは吸血鬼や狼男にならぶ、スーパースターの一角。
とはいえ、バンバン映画のネタになっている二者と比べると、日本での人気はいまひとつという印象が強い。
本作は、そんなフランケンシュタインの怪物を主役に据え、脇役に天使と悪魔を据えたという意欲作。ダークな雰囲気ながらアクション満載の濃密な映画に仕上がっている。

続きを読む