仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

『仮面ライダー』ほどの長期間、愛されつづけているコンテンツなど、他には思いつかない。子供向けと侮るなかれ。毎年新たな要素を取り込み、新しい展開を見せ、そして様々なおもちゃが作られる。それは巨大なビジネスであり、作品が続いていること自体がエンターテイメントといえる。

さて、本作はすでに恒例となった、番組改編期に旧ライダーと新ライダーが共演するMovie大戦のシリーズである。そこで描かれるのは、主役から主役へのバトンタッチ。いわゆる「お祭り映画」だ。

「お祭り映画」だから、肩の力を抜いて見れる。だが、きっちりとバトンタッチが行われ、それぞれの作品のテーマが描き出される。『Movie大戦』シリーズに求められいる要素がきっちり詰まった一本だ


戦いの果てに新たな惑星の神となった葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武(佐野岳)。だが、平穏な日々は突如としてあらわれた機械生命体・メガヘクスによって打ち破られる。メガヘクスは紘汰を下し、惑星を機械で覆い尽くしてしまう。

紘太の記憶を読み取り地球の存在を知ったメガヘクスは、地球をも機械の星に変えるため進攻を開始。もはやメガヘクスと戦うことができるのは、呉島光実/仮面ライダー龍玄(高杉真宙)のみ。光実は兄・貴虎(久保田悠来)とともに、ふたたび戦いのために立ち上がる……。

一方、泊進ノ介/仮面ライダードライブ(竹内涼真)ら警視庁特状課は怪盗アルティメットルパンの対応に追われていた。周囲の物質の動きを遅くする「重加速」を起こすアルティメットルパンを捕らえることができるのは、仮面ライダードライブだけなのだ。

だが、アルティメットルパンは対峙した進ノ介を圧倒。ついには彼を変身できなくさせ、「仮面ライダー」の称号を奪う。仮面ライダールパンと化した彼に、進ノ介はいかに立ち向かうのか……。


まったく異なったあらすじが並べられていることからも分かるとおり、Movie大戦は三幕構成になっている。旧ライダーと新ライダーのそれぞれの独立したエピソードがあり、最後に2本のシナリオが合流する最終章というわけだ。

というわけで、今回はそれぞれのシナリオについて短く語っていこう。


仮面ライダー鎧武 進撃のラストステージ

タイトルの通り、『鎧武』のエピローグである。一年間彼らの戦いを見守り、手に汗握り、時に涙してきたファンにとっては、フルコースのシメを飾る見事なデザートだった。

新しい惑星に突如として現れるメガヘクスの鋭角的なデザインは、一見して本シリーズとはまるで違った世界観を持った存在に見える。だが、後に語られるように、メガヘクスも『鎧武』の物語の登場人物なのだ。

鎧武VSメガヘクスは、仮面ライダーという枠組みでは見た事がないほど規模の大きなバトルが繰り広げられ、映画のつかみとして非常に強力だ。メガヘクスがどんな存在であるかを端的に伝える手腕も見事である。


舞台を地球に移してからは、呉島貴虎と光実の兄弟にフォーカスが当てられる。ふたりはテレビシリーズでは主役級として扱われながらも、紘汰や仮面ライダーバロン/駆紋戒斗(小林豊)のように、自分なりの答えにたどり着くところまでは描かれなかった。そんな彼らがついに自分たちの道を歩み出す、作品全体を締めくくるエピソードになっている。

光実が心に抱え続けてきた舞への思いと贖罪。責任を取らなければならない貴虎の苦悩。メカ戦極のあまりのインパクトで薄れてしまいそうになるが、壮大な設定を通じて、彼らの人生を描き出したことは賞賛に値する。


仮面ライダードライブ ルパンからの挑戦状

『ドライブ』は、はじまったばかりのシリーズだ。車をモチーフとして、加速感を重視する物語と演出によって語られる作品は、とにかく勢いがある。

本作の敵役、仮面ライダールパンは、そんな作品を象徴するようなキャラクターだ。一見しただけでは、よくいる怪盗キャラであるように見せつつ、実は作品の根幹に関わるような設定を持ち、他の要素と有機的に結びついている。


アクション面での見せ場は、なんといってもカーチェイスだ。『ドライブ』はもともと仮面ライダーでは珍しい、本格派のカーチェイスが観られる作品だ。その中でも、本作のカーアクションは非常に良い。CGを使って演出するシーンもあるにせよ、しっかりカースタントで追走劇を見せてくれる。

カーチェイスは仮面ライダーに変身しなくてもできるではないか、という指摘もあるかもしれない。それはたしかにその通り。だが、本作を観れば、その「仮面ライダーでなくてもできる」ことこそが、実は仮面ライダーに変身するためにもっとも必要な要素なのだというメッセージには強く胸を打たれるだろう。

“仮面ライダー史上最大のミステリー”という売り文句にはやや首をかしげるところもある。が、その後の展開が非常に「胸熱」だったので、不問に付すことにする。


MOVIE大戦フルスロットル

『鎧武』の展開に『ドライブ』が乗っかる形で合流する第三幕。『ドライブ』はその名の通り、見事に『鎧武』の物語を乗りこなしてくれる。

ここからは、初対面の紘汰と進ノ介、まったく違った世界観のクロスオーバーこそ最大の見せ場だ。お互いに状況が飲み込み切れていないまま、とにかく一緒に戦うことになった彼らの軽妙なやりとりには、噴き出さずにはいられない。

特にドライブのサポートマシン・トライドロンに乗り込む前後のやりとりは完全にツボにはまった。世界の命運がかかっているときに、なんでそんなに楽しそうなんだ!


コミカルなだけかというとそうではない。『仮面ライダー鎧武』のテーマに対し、しっかりとしたアンサーを返している点に注目したい。

テレビシリーズを通して描かれていたのは、対立の物語だった。

人間はそれぞれがちがう意見を持つ。時には対立し、激しくぶつかり合うこともある。だが、そうして違う意見が持つものがいるからこそ、本当の答え、新しい結論を手に入れることができるのではないか……それを、生命に対する究極的な支配者である「ヘルへイムの森」が生み出す極限状態で描き出していた。

仮に彼らが皆で手を取り合い、ヘルへイムの森を退けることができたとしても、同じ方法でメガヘクスに立ち向かうことができただろうか。

「すべてがひとつになることで完全な存在になる」というメガヘクスが、他の物を次々に取り込み、それがかえってライダーたちにとってのチャンスに繋がるのも、実に示唆的だ。

これらを踏まえれば、本作は『鎧武』の物語の完結編として相応しいといえよう。

「お前ら、いいチームじゃねえか」と、進ノ介は言う。テレビシリーズの戦いを何も知らない彼だからこそ言えるというギャグなのだが、対立によってこそ、彼らは真にわかり合えたのだとも思える。何も知らない進ノ介が、『鎧武』の物語を肯定したのだ。

なお、筆者は『ドライブ』パートと『Movie大戦』パートの脚本を手がけた三条陸の大ファンであるため、多少評価が甘くなっているきらいはある。

それを加味しても、『鎧武』のエピローグ、『ドライブ』のオリジン、そしてふたりのバトンタッチを見事に描ききっていた。お祭り映画だからこその楽しみがあるのだ。



このボタンを押すと、ネタバレ部分が表示されます。