西遊記~はじまりのはじまり~

「GOLDEN ASIA」は、アジア諸国で興行収入ナンバーワンになった作品や、映画賞を受賞した作品を日本に紹介するレーベルだ。各国のいちばんおいしい作品だけを味わうことができるのだから、映画ファンにとってありがたいことこの上ない。
 その第一弾に選ばれたのが、2013年、中国でベストセラーとなった本作だ。言わずと知れたチャウ・シンチーの最新作というだけでも話題性は十分だが、その題材を西遊記に取るというのならば、もちろん「ロード・オブ・ザ・リング」並みのスケールの大きなファンタジーを期待してしまうというものだ。
 果たして、「ロード・オブ・ザ・リング」が、叙事詩的に世界を切り取り、壮大なスケールで描き出した作品とすれば、本作は口伝が口伝を重ねて、何人もの語り手たちが勝手に話のスケールを大きくしていった妙味がある。
 つじつま合わせなど誰も気にしていない、とにかく話が面白ければいい。そんな作品を描くのに、シンチーほどの適役はいない。
 日本でのキャッチコピーは「とんでもねー!」のようだが、それどころではない。奇想天外、荒唐無稽、とにかく想像をはるかに超えた作品である。

 とある川辺の村が、巨大な妖怪に襲われる。妖怪ハンターを生業とする玄奘(ウェン・ジャン)は、わらべ歌を用いて妖怪を封じようとするが、うまくいかない。通りがかった妖怪ハンター、段(スー・チー)によって、手柄を横取りされてしまう。
 悲嘆に暮れる玄奘は師匠にすがる。しかし、師匠は「お前には足りないモノがある」というばかり。
 一方、最強の妖怪である猪剛烈(チェン・ビンキャン)は、山奥の料理店で訪れる客を次々に殺していた。退治に訪れた玄奘と段は協力して猪剛烈を追い詰めるが、辛くも敗走。
 名うての妖怪ハンターが次々に集まる中、師匠は玄奘に告げる。「あの妖怪を倒せるのは、五指山のふもとに封印された孫悟空だけだ」
 かくして、玄奘は五指山へ向かうことになる。だがそのさなか、別の妖怪ハンターに捕らえられ……

 序盤に描かれる、川辺の村でのスペクタクル溢れるアクションシーンで一気に持って行かれる。「本当にこんな住みにくそうなところで生活してるのか?」と思いたくなる情景だが、あんなに面白いアクションを見せ付けられては、納得せざるを得ない。
 村に襲いかかる悲劇。現れた道士が妖怪を退治したと思わせたところに、玄奘が現れて「それは妖怪じゃない」と告げる。疑う村人によって宙づりにされたかと思うと、ついに本物の妖怪が現れる……。
 恐ろしげな事件からユーモラスな会話劇、冤罪にかけられる主人公、逃げ惑う村人、とたった数分の間に様々な感情が怒濤のように押し寄せる。そのとどめを刺すのが、半魚半獣の奇想に満ちた妖怪の姿だ。
 これはもう、「何かとんでもなく面白いものを観ている!」という感覚に満ちている。また、単に妖怪を倒すというだけでなく、少女や赤ん坊が食われそうになるのをいかに助けるか、というアイデアを加えてあるのも面白い所だ。

 次々に見せ場を突っ込んで行く、チャウ・シンチーの持ち味はますます磨きがかかっている。
 地力のあるカンフーやワイヤーアクションにCGを加えたアクションシーンが最大の見せ場だが、それ以上にコミカルなやりとりも見物。特に、妖怪ハンターのチームに捕まった後、玄奘がさんざんな目に遭うシーンはおかしすぎて涙まで浮かんできたほどだ。
 画面映えするアクションシーンの次のカットではユーモラスなシーンが挿入される、シームレスな転換もすばらしい。特に、猪剛烈との戦いは、CGと演技が冴え渡る見せ場になっている。

 全編にわたって出ずっぱりの玄奘役、ウェン・ジャンは見事な演技を見せている。イケメンで雰囲気があり、若くて歌もうまい。主演俳優として理想的だ。もちろん、玄奘役としてもっとも必要な素質も備えている。「坊主頭が似合う」ということだ。
 玄奘は清廉な人物であるから、女性との関係を描くのは禁忌である。しかし、本作では美人妖怪ハンター・段とのロマンスが物語上の大きな柱になっている。段は西遊記には登場しないキャラクターだが、エネルギッシュなスー・チーの演技も相まって、非常に魅力的だ。
 物語の最後に、「俗世を捨てるに俗世を知らなければならない」と玄奘は語る。まさにその言葉の通り、段は男女の愛を彼に知らしめるには理想的なキャラクターだ。筆者も、こんな美人から熱烈なアプローチを受けてみたい。

 ロード・オブ・ザ・リングにたとえたのは、本作がその風景もウリの一つとしている、いわゆる「絶景映画」でもあるからだ。
 玄奘の旅の背景となる風光明媚な景色もまた、見せ場のひとつ。時々CGの感触が丸わかりのシーンもあるが、それもハリウッドにはない味というものだ。中華料理さながらの、脂っこい舌触りだと考えればおいしくいただける。

 CGを用いての演出は素晴らしい。後半、孫悟空が暴れ回るシーンでは名うての妖怪ハンターとの戦いが描かれる。中でも、空虚王子との戦いは圧巻。予想を超える出来事が次々に起きる。
 そして、最後を締めくくる大日如来の攻撃だ。トレーラーでも巨大な手が攻撃するところは描かれているが、見事なのはその後。迫ってくる手がどんどんアップになっていって、細胞の一つ一つまで見えるほどの距離になってから悟空を押しつぶすのだ。あんなイマジネーションに溢れたシーンは、およそチャウ・シンチー以外に撮れる監督はいないだろう。
 空虚王子も段と同じく本作のオリジナルキャラクターだが、これがまた、素晴らしい。連れている4人のオバサンは「四大美女」とクレジットされていて、思わず噴き出してしまった。ギャグキャラのような言動なのに本気で強く、恐ろしいまでの剣の達人なのにあんな扱いをされている。本作の、シリアスともコミカルともつかない雰囲気を象徴する人物である。

 本作の持ち味は、大迫力でありながら、どこかふざけてとぼけた雰囲気だ。
 どこまで本気で、どこまでふざけているのかよく分からない。香港映画は撮影現場で話の筋もどんどん変えていくというが、その手法を最大限に活かした結果だろう。
 奇想天外、荒唐無稽。ぶっ飛んだ映画。続編も計画されているとのことなので、楽しみに待つことにする。


このボタンを押すと、ネタバレ部分が表示されます。