ゴーン・ガール

重層的なテーマを持つ作品は、観客の心に様々な波紋を生む。

期待通り、予想外、想像以上。いくつもの感情が渦巻き、その作品が真に訴えようとしたものへ向かって思索が深まっていくのを感じるはずだ。

本作、ゴーン・ガールはまさに複雑な深みを持った映画である。タイトルからすでに不穏さがにじみ出している本作は、すでに巨匠デヴィッド・フィンチャーの最高傑作とも呼び声高い。

観客の常識を裏切り、倫理観を揺さぶる。足場ごとぐらつくような緊張感と不安感。その先では、生きていく上で決して避けられないテーマと直面することになる。


ニック・ダン(ベン・アフレック)はエイミー(ロザムンド・パイク)との劇的な恋愛の末、夫婦となった。そんな彼らが結婚五年目の記念日を迎えた日、エイミーが失踪してしまう。現場となった自宅には暴れたような痕跡が残されていた。

ニックはエイミーの両親とともに記者会見を開き、エイミーの情報提供を訴える。その甲斐あってか、ニュースやSNSを通じてエイミー失踪事件は広がっていく。

ところが、捜査が進むうちに、ニックが妻を殺したことを示す証拠が挙げられていく。
さらに、事件は思いがけぬ方向に進んでいく……。


本作の導入は静かにはじまる。釣りを終えて、双子の妹マーゴ(キャリー・クーン)が経営する「ザ・バー」へやってきたニックは、夫婦生活への小さな不満を漏らしながら人生ゲームに興じる。

なお、著者はボードゲームも趣味にしているので、ここで「おっ」と思ったのだが、遊んでいるのはなんのことはない、日本では定番中の定番である人生ゲームだ。誰でも知っているようなゲームでがっかりしたのだが、実はこの「誰でも」という部分に本作の大きなメッセージが込められている。さすがの手腕である

そして、家に帰ってみればリビングではガラステーブルが割れ、小さな血痕が残されている。ニックは映画的な大騒ぎはせず、警察に連絡。静かに捜査がはじまる。

このように、映画がはじまっての数分はごく静かに、もっといえばごく「普通に」導入されていく。ところが、だんだんと画面には不穏さがにじみ出してくる。


次に描かれるのはニックとエイミーの出会いから結婚に至るまでの恋愛だ。

平凡な夫婦に見えた彼らは、実は多少代わった経験をしている。エイミーの両親はベストセラー作家であり、ライターを生業としていたニックも恋愛の中でドラマティックな演出を欠かさない。ロマンティックな恋愛をハイテンポに描き、舞い散る砂糖の中でのキスシーンも嬢感たっぷりだ。

そして引き戻される現在では、ニックがエイミーを捜すための記者会見を開いていた。疲れ切ったニックは、記者からの「笑って」という声に、思わず薄い笑みを浮かべてしまった。それが、メディアでの彼の印象を悪くした……と、ここに至って、物語は深層へ飛びこむことになる。


最初は夫婦の間に起きたミステリーと見せかけていた本作は、開始30分の時点で社会派サスペンスへと様変わりする。

話題性たっぷりのエイミーの失踪事件へ飛びついたニュースがニックを追い込み、SNSが悪印象を拡大させていく。しかも、カメラを通じて描かれるニックは、どうにも信用できない印象を与えてくる。いかにも外面がよいマッチョ男性を演じてみせたベン・アフレックの演技には賛辞を送りたい。彼の演技に少しでも不自然な点があれば、全体が瓦解しかねない、そんな映画である。

疲れていながらも強くあろうとし、そのくせどこか抜けていて、正直なのに軽々しい……そんなキャラクターを、見事に演じて見せている。

特に浮気相手のアンディ(エミリー・ラタコウスキー)との絡み(文字どおり!)があるシーンは実によい。社会的なメンツを保とうとしながらも、誘惑には負けてしまう。こんな事件を引き起こした原因は間違いなくこの男にもあるのだと説明不要で伝わってくる。


メディアに支配された社会との関係性というだけでも、映画を作るには十分なテーマだ。しかし、やがて本作はさらなる深層に飛びこんでいく。

「なんだかんだいっても、アメリカの話でしょ?」と高みの見物を決め込んできた観客に

さえ、恐るべき精度で一撃を食らわしてくれる。

この先に起きる展開に比べればエイミー失踪の真実などはネタバレのうちにも入らないぐらいだが、できるだけ具体的な点を述べることは避ける。


描き出されるのは、社会と個人の関わり方、ということだ。人と人が付き合うとき、お互いの間に認識が生まれる。「この人はこんな人なんだな」と考えた時、それは一種の枷としてはたらくのだ。

人は様々な顔を持っている。そのことを皆わかっていながらも、誰かと関わる時にはそんな風に相手を縛り付けずにはいられない。そんな人間のあり方を、考えうる限りもっとも強烈な方法で映像化してみせている。

何がエイミーをああいう女性にして、このような行動を取らせ、さらには打ちのめし、揺さぶるのか。すべては、他者との関わりの中で生まれる幻影じみた枷といえる。

名優ベン・アフレックをまさに圧倒してみせるロザムンド・パイクの演技は、まさにアメイジング。ミステリアスでありながら、間違いなくすさまじいエネルギーを発揮してみせる彼女は、本作のテーマのすべてを観客に投げかける怪演を見せてくれる。

身を隠した先でエイミーを襲う不運が、なぜ発生したのかといえば、自分自身を隠し、隣人を「バカ女」として侮っていたからだ。そのことが、さらに物語を飛躍させていく。


150分の映画のうち、最初の60分と続く60分は観客の心を大きく揺さぶる。事件の結果は表向きに起きたことと、その中で起きる実態はまるで違っていた。

その上で、最後の30分。いったいこの映画は何を描いていたのか、観客に何を訴えていたのかという真実が明かされる。胸を打つどころではない。はらわたまで杭を打たれるような衝撃が全身を貫く。

日常系ミステリー、社会派サスペンス、サイコスリラー、ブラックユーモア、風刺。様々なジャンルを横断して描かれる、まさに怪作だ。

人と人とが関わる時に生まれる役割は、あなたを縛る枷にもなる。だが、時には大きな武器にもなる……この映画でエイミーがやってみせたように。恐ろしくも美しい彼女の行動は、どこかすがすがしくさえ思えるだろう。腕力におとる妻が、夫に対して行う仕打ちは、ただ夫婦間のトラブルというだけではない。どんな人間関係の間にも起こりうることなのだ……とりわけ、結婚というまったくの他者がひとつになる奇妙な関係の間では浮き彫りになることだが。

これから観るならば、覚悟しなければならない。人が生きていくというのは、こういうことなのだ。もっとも、この映画を観ようが観まいが、あなたの人生にはついて回るのだが。



このボタンを押すと、ネタバレ部分が表示されます。