ジョーカー・ゲーム

スパイ映画には、映画を観る楽しみが詰まっている……らしい。

アクションシーンはモチロンのこと、丁々発止の会話、企みや陰謀を暴く爽快感、逆にウソを見破られるかも知れないスリル、制限時間がつけばサスペンス、視点を広げれば社会派ドラマ。たしかに、様々な快楽要素を詰め込むことができる優れたジャンルだ。

だが、ジャンルという器に何を盛りつけるかは非常に重要な課題だ。その点、本作は見事に調和を取り、しかも邦画ならではの味付けをしている。

アイデアを凝らして、一杯の中に主菜も副菜も盛りつけたラーメンのような、満足感ある映画である。


第二次世界大戦前夜。陸軍の士官候補生でありながら、上官の命令に背いた男(亀梨和也)がいた。銃殺刑に処される直前、彼は結城中佐(伊勢谷友介)に命を救われ、諜報組織「D帰還」へ招へいされる。

嘉藤次郎という名を与えられ、諜報員となった彼に与えられた指令は、米国大使・グラハムが持っているという機密文書「ブラックノート」を盗み出すことだった。

首尾よくグラハムに接触した嘉藤は、彼に仕えるメイド・リン(深田恭子)に惹かれながらも、仲間のスパイたちの力を借りて計画を実行に移す。しかし、ブラックノートを狙っているのはD機関だけではなかった……。


あらすじだけを見れば本格スパイ映画、というよりは様式的に過ぎてパロディのようにすら思える。

しかし、意外や意外。スパイ映画を茶化す内容ではない。「日本でスパイ映画を作ればどうなるか?」という偉大な挑戦作だ。

しゃれっ気に溢れた「007」シリーズ、スリルを味わうには最適の「ミッション・インポッシブル」シリーズ、リアル志向の「ボーン」シリーズ……と、現在でも様々なスパイ映画は作られ続けている。

そんな大ヒットコンテンツが居並ぶこのジャンルの中で、新しい作品、邦画ならではの作品を作るための仕掛けが凝らされている。


まず、陸軍の中に秘密裏に設置されたという「D機関」の設定が魅力的だ。

機関に入ったものは名前を捨て、様々な能力を持ったものが集う機関であり、日常生活ではとても使いどころがなさそうな能力を磨く。変装、鍵開け、そして巧妙に人を味方につけ、裏切る技術。

彼らには鉄の掟がある。死体がもっとも多くの情報を生み出すものだから、たとえ敵であっても殺してはならず、自決することも許さない、「死ぬな、殺すな」というものだ。

実に外連味に溢れた魅力的なウソなのだが、このルールが他のスパイ映画にはない独特の緊張感を生み出している。

敵と対峙しても殺すことはできず、裏切られようが罠にかけられようが、憎しみを晴らすこともできない。

本作におけるスパイは、誇りを捨てなければならないのだ。もちろん、潔く自決するという武士道も持ち合わせてはいけない。だからこそ、精神論が支配している陸軍とは強烈に対立する。こうした状況づくりが実に魅力的だ。


聞いただけでは説得力に欠けるこの設定を観客に飲み込ませる伊勢谷友介の存在感は見事の一言。

冒頭のシーンでは戦争映画によく見られる画面づくりをしているのに、彼が登場した瞬間、冒険映画の世界に様変わりする。とにかく「常人ではない」という雰囲気を全身からにじませているのだ。


彼の教え子として主役を張る亀梨和也は、能力は高いものの、情にもろいという、これまたよくありそうな設定だ。

しかし、そうした本性を隠すためにあえて口数を少なくし、抑えた演技の中に熱い物を感じさせる気合いの入った役作りをしている。

あまり表情が多彩なキャラクターではないのだが、わずかな表情の変化からきちんと焦りや喜びが伝わってくる。

もともと、どこか陰のある顔つきであることも幸いして、彼ありきの映画としてきちんと成立している。

リアリティを一度描いて見せてから冒険映画に飛躍するのは、うまく観客にとっての説得力を生み出している。深田恭子が演じる女スパイに至っては、ほとんどアニメの登場人物だ。それでも、世界観が破綻しているようには見えないのだから大した物だ。


見終わったあとに驚いたのは、本作が108分という尺に納まっていたこと。話の内容やシーンの数からすれば、2時間以上は使っていたように思えたのに、10分以上もストーリーを圧縮している。

その秘訣は、カットのつなぎ方だ。あるシーンの会話が次のシーンの冒頭に被さったり、カメラの前を何かが横切ったかと思うとすでに違うシーンに切り替わっていたりと、非常にテンポに気を使った編集がされている。

こうした、連続ドラマやアニメ的な編集も、日本的といっていいだろう。

特に序盤、D機関の中での訓練シーンは非常にフレッシュだ。


さすがにハリウッド大作のような、派手なカーアクションは難しかったのだろうが、追走劇は見応えたっぷりだ。

パルクール的な体術を使っての大立ち回りがあるが、ここに変装をからめて追っ手の目をくらますというのは新鮮だ。これも、「死ぬな、殺すな」のルールがあるからこそ成立するシーンであり、コンセプトが貫かれている。

ガンアクションができないという欠点もあるにはあるが、それを補うマーシャルアーツのシーンも、台湾映画のようなスピード感が組み合わされている。

見ていて完全に画面が「ポリス・ストーリー」になった瞬間もあるが、これは入江監督がどうしてもやりたかったらしい。どうしてもやりたかったのなら仕方ない。

また終盤には、音響、撮影、照明と、すべての技術をフル活用した見せ場がある。映画ならではの手法であり、やや目が痛くなることも含めて、斬新な演出には驚かされた。


音楽はいまや超売れっ子の岩崎太整。「シーンに完全に寄り添う劇伴」を目指したという音楽は、アクションの動作にまで完璧にタイミングを合わせたもの。冒頭のラーメンのたとえになぞらえれば、ダシの風味を見事に醸し出している。

エンドクレジットではKAT-TUNのさわやかな歌声が聞こえるのだが、それが不自然に感じられないようにエンディングも工夫されている。作中の葛藤を表現した曲で、アイドルソングとバカにしてかかることなかれ、だ。


はっきり言って、続きが観たくなる作品だ。序盤であげた様々なスパイ映画シリーズと並び立って語れるようになることを願っている。


このボタンを押すと、ネタバレ部分が表示されます。

ジョーカー・ゲーム」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: IRC公開LOG #もの書き 2015年3月4日 | クリエイターズネットワーク

  2. ピンバック: nba2k18lockercodes.com

  3. ピンバック: DMPK Studies

  4. ピンバック: Bdsm training

  5. ピンバック: orospu

  6. ピンバック: click here.

コメントは停止中です。