タグ別アーカイブ: アドベンチャー

インサイド・ヘッド

 今や世界一のアニメスタジオと呼んで一向に差し支えないだろうピクサーの最新作は、なんと「人間の脳」を舞台にしたコメディアドベンチャー。^
 ひとりの人間の内面を擬人化して描いてみせる作品は数あれど、これほど科学的な考証に基づき、しかも高水準のエンターテイメントとして昇華している作品は例がない。^
 高水準のアニメ表現を「当然のもの」として、その先で「何を描くか」という領域にまでたどり着いた本作は、子供から大人まで、誰が見ても楽しめる超一級の傑作だ。^
続きを読む

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

ジョニー・デップが自らの製作で「長年演じたかった」と語るキャラクターは、イギリスの貴族にしてインチキ美術商。たかだか数百円のしろものを何百万という高値で売りつけるような、正統派とはとても言えない主人公だ。

そんな彼が対面するのも、一癖も二癖もあるキャラクターばかり。そんな登場人物たちのウィットの利かせた会話が全編にわたって繰り広げられる。

華麗なる名画の秘密、という副題からも察せられる通り、ユーモラスでありながらゴージャスな画面作りも特徴だ。

続きを読む

エクソダス:神と王

「エクソダス:神と王」は、あまりにも有名なモーゼの伝説を元にした作品であり、巨匠リドリー・スコットの歴史スペクタクルだ。

映画の背景には様々な歴史、文化、思想があり、それらを踏まえての映像化は相当な難題だ。しかし、それを見事に乗りこなし、伝記として、スペクタクル映画として仕上げてみせている。

壮大な歴史の厚みを背景にしながら、自分に背負わされた運命に苦悩する「人間」モーゼを描くロマンにあふれた一作である。

続きを読む