タグ別アーカイブ: サスペンス

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

演技派俳優たちによる共演と、マジックを使った大掛かりな逆転劇により、大ヒットを記録した「グランド・イリュージョン」続編。

ハッタリの聞いたマジックの見せ場と、出演者の演技力によって支えられたリアリティのある会話シーンの間のメリハリがテンポよく、130分の上映時間を一気に見せてくれる。

終盤の畳み掛けるようなどんでん返しだけでなく、ロジックと感情を積み重ねていくうえで、豪華な役者たちの演技合戦も大きな見どころ。

マジックと犯罪を組み合わせ、観客を「だます」ストーリーテリングが爽快だ。

続きを読む

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

今や「007」シリーズに次ぐスパイ映画の代表作にまで成長した「ミッション:インポッシブル」。

スパイ映画が目白押しとなった2015年、「ジュラシック・ワールド」と同時期の公開でありながらも大健闘の興収を稼ぎ出した本作は、その売り上げにふさわしい充実した内容も持っている。

世界中を飛び回るゴージャスな満足感に趣向を凝らし抜いたアクション、そしてスター中のスター、トム・クルーズの圧倒的な存在感を駆使し、観客を一秒も飽きさせない、超正統派エンターテインメント映画の世界へ連れて行ってくれる。

続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

アラン・チューリングは、現代のコンピュータの基礎を作った人物だ。人工知能を審査する「チューリング・テスト」に名前が残っているが、その功績はあまりに過小評価されてきた。

本編で明かされるとある事情により、彼はその生涯を不名誉な形で閉じている。そのうえ、戦後20年以上もの間、彼が行ってきた活動は国家機密となっていた。しかし2012年、英国貴族院によりチューリングへの恩赦が行われ、彼の名誉と功績がたたえられた。

かくして、悲劇の天才数学者は歴史の脚光を浴び、その活動が広く知られることになる。そして本作において、理想的な形で映像化されたわけだ。

内容はまさに暗号を解くゲームのようだ。さまざまな謎が観客には与えられ、それがひとつひとつ、丁寧に解かれていく。すべてが解き明かされるとき、観客はまさにエニグマを解読したチューリングの喜びに共感し、そして彼が迎えた結末に涙するのだ。

続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件

現代の文豪と呼んで差し支えないだろう、宮部みゆきの作風は、綿密に練り上げられながらもエンターテイメント性に溢れたミステリー、時代の雰囲気を精緻に描き出した時代小説、そして一方で、ゲーム好きが高じてのキャラクター重視のジュブナイルも手がけている。

それらのすべての要素が集約された「ソロモンの偽証」の映画化だ。もちろん、実写化のハードルも相当に高い。

挑戦するだけでも偉大な原作だが、鑑賞すればそのハードルを越えるだけの核心があったということが分かる。

ストーリーテリングを支えるキャスティングの偉大さもあわせて、映画の力を実感できる。

続きを読む

プリデスティネーション

「デスティネーション」は目的地や行き先、到着地点などを表す言葉だ。それに「○○以前」という意味の「プリ」がくっついて、「プリデスティネーション」。合わせると、「あらかじめ決まった行き先」、つまり「運命」や「天命」、あるいは神学的な意味の「予定説」も指す。

そんな複雑なタイトルが冠された本作は、非常に少ないキャストでありながら、先の読めないスリリングな展開を描き出す一作。中身はタイトルの何倍も複雑な面白さを持っている。
続きを読む