タグ別アーカイブ: ドン・ホール

ベイマックス

和洋折衷、という言葉がある。

「折衷」というのは、よい部分を選び取って、ひとつの形に仕上げることを指す。

本作「ベイマックス」にはまさにこの言葉がぴったりだ。原作からして、日本のアニメ・漫画の文化をアメコミに取り入れた作品であったのを、さらにディズニーが見事な3Dアニメとして再構築した。

和と洋、2Dと3D、マーベルとディズニー、サンフランシスコと東京。さまざまなものを融合させ、折衷させた、職人芸とすら言って良いだろう、見事なバランス感覚の上に成り立つ、一種の到達点的なアニメ映画だ。

続きを読む