タグ別アーカイブ: 切ない

ストレイヤーズ・クロニクル

日本映画は、ハリウッド映画に比べればごく少ない予算で製作されている。自然、人間ドラマやコメディといった、スケールの小さな題材が選ばれがちだ。

その中にあって、アメコミ原作ものなどが存在感を発揮している超能力アクションというジャンルに挑んだのが本作だ。そのチャレンジ精神だけでも、大いに評価したい。

続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

アラン・チューリングは、現代のコンピュータの基礎を作った人物だ。人工知能を審査する「チューリング・テスト」に名前が残っているが、その功績はあまりに過小評価されてきた。

本編で明かされるとある事情により、彼はその生涯を不名誉な形で閉じている。そのうえ、戦後20年以上もの間、彼が行ってきた活動は国家機密となっていた。しかし2012年、英国貴族院によりチューリングへの恩赦が行われ、彼の名誉と功績がたたえられた。

かくして、悲劇の天才数学者は歴史の脚光を浴び、その活動が広く知られることになる。そして本作において、理想的な形で映像化されたわけだ。

内容はまさに暗号を解くゲームのようだ。さまざまな謎が観客には与えられ、それがひとつひとつ、丁寧に解かれていく。すべてが解き明かされるとき、観客はまさにエニグマを解読したチューリングの喜びに共感し、そして彼が迎えた結末に涙するのだ。

続きを読む

プリデスティネーション

「デスティネーション」は目的地や行き先、到着地点などを表す言葉だ。それに「○○以前」という意味の「プリ」がくっついて、「プリデスティネーション」。合わせると、「あらかじめ決まった行き先」、つまり「運命」や「天命」、あるいは神学的な意味の「予定説」も指す。

そんな複雑なタイトルが冠された本作は、非常に少ないキャストでありながら、先の読めないスリリングな展開を描き出す一作。中身はタイトルの何倍も複雑な面白さを持っている。
続きを読む

ジャージー・ボーイズ

80歳を超えてなお、凄まじいエネルギーを発揮する映画を撮り続けるクリント・イーストウッドは、もはや「巨匠」といって差し支えないだろう。
そんなハリウッドの生きる伝説が最新作の題材に選んだのは、ブロードウェイ・ミュージカルのメガヒット作、「ジャージー・ボーイズ」だ。
輝かしい楽曲の数々と、その裏にあったくすぶりや挫折を余すところなく描き出した、パワフルで、しかしどこかノスタルジック、しかし新鮮な驚きに満ちた、なんとも言えない傑作である。

続きを読む