タグ別アーカイブ: 笑える

ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)

正統派ヒーローとは一味違った魅力を見せる、ノリノリでニューヨークを守るミュータント・タールズの映画、第二弾。

前回に引き続き製作をマイケル・ベイがつとめ、破天荒な世界観と勢いのいい編集はそのままに、新キャストを加えてまさにパワーアップと呼ぶにふさわしい続編に仕上がっている。

ストーリーのアラも観ている間は気にならないようになっており、弱点を克服したうえできっちりと一本の作品に仕上げた、愛すべき作品だ。

続きを読む

劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ 〜逆襲のミルキィホームズ〜

さまざまなメディアミックスを展開する「ミルキィホームズ」、初の映画化作品。

「怪作」とも呼ばれるテレビアニメ版は一部のファンに熱狂的な支持を受け、カルト的な人気を博している。

その世界観と製作陣をそのままに劇場化した本作は、ミルキィホームズの原点に立ち返り、一気に世界をまとめにかかる勢いを持った作品だ。

先に言っておくが、本作だけ見て楽しめるとは思わないほうがいい。

続きを読む

キングスマン

2015年、突然スパイ映画ブームが到来した。いくつも公開される大作スパイ映画の中で、公開順で最も早かったのが本作、「キングスマン」である。

年末の「007スペクター」に向けてますます高まっていくスパイ熱のさなか、本作は非常に明快なスタンスでこのジャンルに挑んでいる。

すなわち、「荒唐無稽で現実離れしたスパイ映画を、もう一度正しく作ろう」ということだ。そしてその狙いは見事に成功している。テーマ設定からわくわくするガジェットに至るまで、そのコンセプトががっちりハマリ、イギリス流のひじょーーーーーに悪趣味なユーモアで味付けした傑作だ。

続きを読む

ミュータント・タートルズ

亀でニンジャ。その上ミュータントでティーンエイジ。

タイトルを聞いただけでぷっと噴き出してしまいそうになるが、テンポの良いギャグと疾走感のあるアクションに乗せられている内に、いつの間にか本気で彼らを応援している。

「ミュータント・タートルズ」の魅力は、そんなところにあると思う。

マイケル・ベイがメガホンを預けたジョナサン・リーベスマンは、そんな彼らの魅力を十分に引き出し、今日向けに見事にアップデートしてみせている。

続きを読む

ANNIE/アニー

ミュージカルの中のミュージカルと言っても過言ではないだろう題材を、現代版にアレンジ。しかも、「赤毛の少女」というキャラクターが定着しているアニーを黒色人種に置き換えて……という、大胆な挑戦を挑んだ最新版「アニー」。

ウィル・スミス、ジェイ・Zというラッパーふたりがプロデュースを手がけ、音楽面からも最新版にアップデートしているのだろう。さまざまな仕掛けが音楽には仕込まれているのだろうが、筆者は残念ながら現代音楽には詳しくなく、その文脈で語る事はできない。

とはいえ、そんな知識を抜きにしても、前向きなメッセージが胸を打ち、心温まる映画になっている。

続きを読む